紹介予定派遣とは何か

派遣の中には紹介予定派遣と呼ばれている種類もあるのですが、この紹介予定派遣とはどのような雇用形態なのでしょうか。一般的な派遣の場合には、人材派遣会社に登録し、転職支援を受けて派遣先の企業へ行って仕事をするので、当然何年仕事をしても派遣社員という形になります。

しかし、紹介予定派遣というのは、将来正社員として雇ってもらうことを前提に仕事をする雇用形態で、通常は1ヵ月から3ヵ月ぐらい働き、双方で同意すれば正社員として勤務できるようになります。最長期間としては6か月ほどになります。よって将来正社員として働きたいと希望する人は、紹介予定派遣を希望するのがよいでしょう。

 

更に未経験者を採用しているケースも多いので、普通に転職するよりもかなり有利になりますし、交渉も人材派遣会社が行ってくれるというメリットがあります。こういった手厚いサポートがありますので、派遣社員の立場からしたらかなり有利な働き方ができますし、後になってこんな仕事をしたかった訳ではない、条件が違うじゃないかというトラブルを防げる可能性も高いのです。

今はブラック企業の問題などもありますから、こういった制度を利用することで、就職活動を安心して行うこともできます。

企業側にもメリットがある

紹介予定派遣は求人数が少ないというデメリットもありますが、最近の流れでは大企業もりようするケースも増えてきています。企業側のメリットとしては、採用してみたら思っていた活躍をしてもらえなかったなどの採用にあるリスクを減らすことができることなど、トータル的なコスト削減ができるということがあるのです。